THE KAITEKI COMPANY
THE KAITEKI COMPANY

お知らせ

RCF使用製品に関するお知らせ

お知らせ

ご注意(リフラクトリーセラミックファイバーについて)

労働安全衛生法施行令の一部改正にともない、リフラクトリーセラミックファイバー
(以下、RCFと略記)が、特定化学物質傷害予防規則(特化則)に規定される特別管理物質かつ特定化学物質の管理第二類物質として規制されることなりました。
弊社製品につきましては電気炉を中心に、一部の製品にRCFを使用しております。
使用状況は、下表(ABC順)をご参照ください。

装置型式シリーズ名RCF部分
AOX-200その他電気炉の断熱部位がRCF
AQF-100NSX-100シリーズ電気炉の断熱部位がRCF
DS-5000その他ヒーター断熱材がRCF
DTN-300Vその他電気炉の断熱部位がRCF
GI-210NSX-2100シリーズサンプル注入口ヒーター回り
GI-220NSX-2100シリーズサンプル注入口ヒーター回り
GI-250NSX-2100シリーズRCF不使用
GI-260NSX-2100シリーズRCF不使用
HF-210NSX-2100シリーズ電気炉の断熱部位がRCF
HF-230NSX-2100シリーズ電気炉の断熱部位がRCF
MCD-210NSX-2100シリーズRCF不使用
ND-210NSX-2100シリーズオゾンスクラバー筒内両端がRCF、2017/8以降の製品はRCFを使用していません。
ND-30その他RCF不使用
PF-220NSX-2100シリーズプレヒーター部位に装着そている断熱リングがRCF
POX-100NSX-100シリーズ断熱材がRCF
QF-02その他電気炉の断熱部位がRCF
TN-100(減圧/常圧)NSX-100シリーズ電気炉の断熱部位と
オゾンスクラバー筒内両端がRCF、2017/8以降のオゾンスクラバーはRCFを使用していません。
TN-110NSX-100シリーズ電気炉の断熱部位がRCF
TOC-300Vその他電気炉の断熱部位がRCF
TOX-100NSX-100シリーズ電気炉の断熱部位がRCF
TOX-300その他電気炉の断熱部位がRCF
TRU-100NSX-100シリーズ加熱部カバー内壁の断熱材がRCF
TRU-210NSX-2100シリーズ加熱部カバー内壁の断熱材がRCF
TS-100NSX-100シリーズ電気炉の断熱部位がRCF
TS-100VNSX-100シリーズ電気炉の断熱部位がRCF
TS-300/TCL-100NSX-100シリーズ電気炉の断熱部位がRCF
VA-121CA/KF-200シリーズ電気炉を覆っているウールがRCF(断熱材はレンガ)
VA-122CA/KF-200シリーズ電気炉を覆っているウールがRCF(断熱材はレンガ)
VA-124SCA/KF-100シリーズヒーター断熱材がRCF
VA-200CA/KF-200シリーズネサガラス両側の断熱板にRCFを使用
VA-230CA/KF-200シリーズRCF不使用
VA-236SCA/KF-200シリーズRCF不使用
VF-210NSX-2100シリーズ電気炉の断熱部位がRCF

上記製品中に使用されておりますRCFは、いずれも成形品あるいは飛散防止対策が施されており、
通常ご使用いただく条件におきましては、法規上の適用除外作業となります。
ただし、分解、解体等RCFが飛散すると想定される作業を実施する場合には、規制の対象となりますので、ご注意ください。


なお、特化則で規定される健康障害予防措置としては、主として、次の通りです。
1)局所排気装置の設置
2)作業主任者の選任
3)掲示、作業記録の保管(30年)等、特別管理物質としての措置
4)関係者以外立入禁止の措置
5)作業環境測定の措置
6)健康診断の実施
7)清掃

RCFの組成、危険有害性、作業時の注意事項に関する概要を以下に記載致します。
詳細につきましては、SDSを御参照下さい。SDSにつきましては、弊社営業にお申し付け下さい。

RCF組成・成分情報

 主成分:Al23:30~60%, SiO2:40~60%, ZrO2:0~20%
*成形品につきましては、飛散防止処理等を目的に、バインダー等が5~15%程度含まれます。
労働安全衛生法通知対象物質 608
PRTR法 非該当
CAS NO 142844-00-6

RCF安定性

 不燃性

危険有害性要約

1.成形品及び飛散防止処理が施されたもの
・通常の取り扱いでは有害性はない。
・加工を施す作業時には、非成形品と同様の有害性。
2.非成形品
・発がん性のおそれの疑い(IARC 2B)。
・眼、皮膚などに触れたとき、一過性の機械的刺激が生じる可能性。
・長期にわたる、又は、反復暴露による呼吸器系の障害。

作業時の注意事項

(成形品の加工を施す作業、及び、非成形品を取り扱う作業)
・使用時に飲食又は喫煙をしない。
・排気等を行い、粉じんの吸入を最小限にすること。
・保護手袋を着用すること。
・呼吸用保護具を着用すること。
・取扱い後はよく手を洗うこと。


スマートフォン版サイトへ

ページトップへ

お問い合わせ

よくあるご質問はこちら 046-278-0052 Webでのお問い合わせ カタログ請求

海外でご購入の場合は、代理店までご連絡ください

海外代理店情報