THE KAITEKI COMPANY
THE KAITEKI COMPANY

カールフィッシャー水分測定装置(水分計)

水分計について

水分を「測定」または「計測」する装置をご紹介します。
主に液体及び固体中の水分測定を行うカールフィッシャー水分測定装置とガス中の水分を測定する露点計を取り揃えております。

カールフィッシャー法 水分計

1935年にドイツの化学者カール・フィッシャー(karl fischer)が、ある薬品の中でヨウ素が水と選択的に反応することを発見した事から、この薬品は発見者の名前を取ってカールフィッシャー試薬(KF(ケイエフ)試薬とも言う)と称されました。
この試薬を用いて種々の物質中の水分量の絶対値を測る事が出来るようになり、三菱ケミカルでは、1950年からこの試薬の研究を開始し日本で初めてカールフィッシャー試薬を販売しました。

その後、水分測定装置を開発し発売したことで、世界で唯一の試薬と装置を販売するメーカーとなりました。
現在では、(株)三菱ケミカルアナリテック(MCCAT)が国内はもとより世界中へ装置と試薬を製造販売しております。

試料の形状や水分量により測定方式や多彩なオプション装置から選択が可能です。 目的の方法が見つかります。

試薬の販売はこちら
試料測定に適した装置選びのサポートページはこちら



電量法 カールフィッシャ-水分計


電解液に試料を加えて電解酸化すると、ヨウ素を発生し、カールフィッシャ-反応が起きます。
ヨウ素は「ファラデーの法則」にもとづき、電気量に比例して生成され、電解酸化に要したクーロン量から水分量が求められます。


CA-200 型 卓上型 電量法水分計

微量の水分測定では定評のあるカールフィッシャー法の電量方式の水分測定装置です。
気化装置の追加や反応部の追加(2チャネル)など様々な測定にお答えできます。
詳細はこちら


CA-31型 バッテリー駆動 可搬型 電量法水分計

卓上型の正確さ,精度,感度を維持しながら全ての煩雑な操作を省いた水分測定装置です。
また、軽量でバッテリー駆動も可能。
特別付属品の携帯ケースをつけるとどこへでも容易に持ち運びが可能です。
詳細はこちら



容量法 カールフィッシャ-水分計


滴定フラスコに試料に適した脱水溶剤を入れ、カールフィッシャ-試薬で無水状態にしてから試料を加え、滴定を行います。
滴定に使用した試薬量から水分量を求めます。


KF-200 型 卓上型 容量法水分計

容量滴定分析装置です。シリンジタイプのビュレットの採用で高精度に測定できます。
2チャネル同時測定などの機能があり、システムの拡張性に優れています。
詳細はこちら


KF-31型 水分測定の入門機 容量法水分計

コンバーチブル機能を搭載した、小型・軽量のカールフィッシャー法の容量水分計です。食品、医薬品、各種オイルなど幅広く、様々なサンプルにご使用頂けます。 コンパクトなボディで、容量滴定法と電量滴定法の1台2役をこなす全く新しい水分計です。
詳細はこちら



カールフィッシャ-水分計用 オプション


各種気化装置をご用意しています。サンプルの種類や、自動化のお手伝いをいたします。


VA-200 型 水分気化装置

CA-200/KF-200・CA-31/KF-31型に接続することで、固体試料の測定を可能にします。
詳細はこちら


VA-236S 型 自動水分気化装置

CA-200/KF-200型に接続することで最大33検体の固体・粉体・油などの試料をバイアルビンで自動で測定できます。
詳細はこちら


VA-230 型 水分気化装置

CA-200/KF-200・CA-31/KF-31型に接続することで、バイアルビンでの固体試料の測定を可能にします。
詳細はこちら


VA-210 型 潤滑油用気化装置

CA-200/KF-200・CA-31/KF-31型にこの気化装置を使用すると、潤滑油、グリース、タール製品等の水分測定が可能です。
詳細はこちら


VA-121 型 高温用気化装置

CA-200/KF-200型に接続することで、鉱石、粘土、金属酸化物、無機塩類など、高温での水分測定が必要な試料に向きます。
詳細はこちら


VA-122 型 低高温併用気化装置

CA-200/KF-200型に接続することで、鉄鉱石、粘土、金属酸化物、溶接棒、無機塩類など1段目の電気炉で付着水を、2段目の電気炉で結晶水を測定します。
詳細はこちら


KFESD 型 試薬用 給排液ユニット

脱水溶媒の注入と廃液がワンタッチで行えます。
詳細はこちら


VG-200 型 液化ガス気化装置

CA-200・CA-31型と連動し、プロパン・ブタンなどの液化ガスを自動注入できます。
LPガス協会規格(JLPGA-S-02)の測定が可能です。
詳細はこちら


TM-200CFR 21CFR Part11対応 ソフトウェア

FDAの21CFR Part11に対応した水分計専用のソフトウェアです。 コンピュータを水分計に接続してこのソフトウェアで測定することで、FDAの要求に対応できます。
詳細はこちら


N2 ぼーい 小型窒素発生装置

キャリアーガス(気化装置から燃焼ガスをフラスコへ搬送するために利用する窒素(N2))をガスボンベではなく、この窒素発生装置に変更できます。


Datacome データ収集ソフト

水分計に対応したデータ収集ソフトです。水分計の測定結果をMicrosoftR ExcelRまたはCSVへ変換できます。
詳細はこちら



露点計


コサ+ゼントールインスツルメンツ社(USA)のHyper Thin Film(HTFTM)Al2O3水分センサーの露点計です。
露点計はセンサー部の結露状態により露点温度(結露する温度)を測定し、気体中の水分量を測定する装置です。
日本国内およびアジアでは、三菱ケミカルアナリテックが総代理店となっています。

コサ+ゼントールインスツルメンツ社のセンサーは静電容量式で、極薄膜酸化アルミニウムの層が従来の露点計と比較して最大600倍の高感度を実現します。さらに境界層がはっきりしていることに加え、細孔が小さく均一であるため、安定した測定を実現します。
プロセス(オンライン測定)からラボ(バッチ測定)および他のシステム装置への組み込み等
各種測定に対応できるラインアップを取り揃えています。

応用分野ガス乾燥機、樹脂乾燥機、石油化学供給原料ガス、天然ガス、クリーンルーム、ドライボックス、変圧器及びスイッチ・ギア絶縁ガス、極低温ガス、熱処理炉、溶接及びレーザーガス、特殊工業ガスなどがあります。
紹介ゼントール露点計
解説露点とは?(PDF:150KB/4ページ)
技術速報FS6(六フッ化硫黄)ガス測定(PDF:53KB/3ページ)


静電容量式露点計


XDTシリーズ 組み込みタイプの露点計

DIN(パネルマウントタイプ)、NEMA(現場設置タイプ)、OEM(基板タイプ)の3タイプの露点計があります。
詳細はこちら


LPDT型 超小型露点計

世界最小のセンサー/表示部一体型露点計です。超小型ですが、センサーはHTFMTを使用し、他のゼントール露点計と同様の測定が可能です。
詳細はこちら


XPDM型 携帯型露点計

小型で持ち運びが容易なこの露点計の特長はセンサーを乾燥室内に格納できるようになっていることです。
これにより、腐食しやすいガスの測定が容易にな上に、露点温度の読み込み時間の短縮化が図れます。
詳細はこちら



お問い合わせ

046-278-0052 Webでのお問い合わせ カタログ請求 修理・部品の購入
スマートフォン版サイトへ

ページトップへ

お問い合わせ

よくあるご質問はこちら 046-278-0052 Webでのお問い合わせ カタログ請求

海外でご購入の場合は、代理店までご連絡ください

海外代理店情報