THE KAITEKI COMPANY
THE KAITEKI COMPANY

火力発電で使われている重油やLNG、自動車用のガソリンや軽油には、不純物として窒素や硫黄が含まれています。これらの不純物は燃焼によりNOx(窒素酸化物)やSOx(硫黄酸化物)となり、PM2.5や酸性雨の原因となります。従って、各燃料油の出荷前には窒素、硫黄量が規制値以下である事を検査する必要があります。同様に不純物水分の管理も重要です。水分量が多いと燃焼効率が低下し、ボイラーやエンジンの劣化にもつながります。近年注目を浴びているバイオ燃料も同様で、窒素、硫黄、水分量の管理が必須です。

燃料油、潤滑油、液化ガスの水分を測るなら… 水分測定装置 CA-310、CA-31、KF-31
燃料油、潤滑油、液化ガスの硫黄・ハロゲン分析なら… 自動試料燃焼装置 AQF-2100H
燃料油、潤滑油、液化ガスの硫黄分析なら… 微量硫黄分析装置 TS-2100V
燃料油、潤滑油、液化ガスの塩素分析なら… 微量塩素・硫黄分析装置 TCL-2100V
燃料油、潤滑油、液化ガスの窒素分析なら… 微量全窒素分析装置 TN-2100V
プラント内パージガス(窒素、空気)の水分分析なら… 露点計

 


エネルギー分野でおすすめの機器一覧

スマートフォン版サイトへ

ページトップへ

お問い合わせ

よくあるご質問はこちら 046-278-0052 Webでのお問い合わせ カタログ請求

海外でご購入の場合は、代理店までご連絡ください

海外代理店情報