THE KAITEKI COMPANY
THE KAITEKI COMPANY

鉄筋コンクリート構造物の劣化は、コンクリートの劣化と鉄筋の腐食が引き金とな
り、それらが相互に関連して起こる事が知られています。
原因のひとつとしてコンクリート材中の塩化物イオンや硫酸イオンが問題となってい
ます。
それらの残存量の測定には、GT200やAQF2100H(燃焼イオンクロマト)
が利用されています。

セメントやセラミックの水分を測るなら… 水分測定装置CA-310、CA-31、KF-31
コンクリート中の塩素分析をするなら… 自動滴定装置GT-200
セラミック、ガラスの硫黄、ハロゲン分析をするなら… 自動飼料燃焼装置AQF-2100H、AQF-2100S
セラミック、ガラスの抵抗率を測るなら… 抵抗率計ロレスタGX、ハイレスタUX

 


無機分野でおすすめの機器一覧

スマートフォン版サイトへ

ページトップへ

お問い合わせ

よくあるご質問はこちら 046-278-0052 Webでのお問い合わせ カタログ請求

海外でご購入の場合は、代理店までご連絡ください

海外代理店情報